カテゴリー
未分類

在宅ワークのメリットについて

在宅ワークと言う用語は、サラリーマンがリモートワークを行う場合にも使われますし、フリーランスや副業で在宅で仕事を行う際にも使用されます。 ここでは、フリーランスや副業を中心とした在宅ワークにフォーカスして、そのメリットについてまとめたいと思います。 まずフリーランスの在宅ワークでは、サラリーマン等の様に決まったオフィスに出向いて仕事をするのではなく、自宅や近くのフリースペースを活用して仕事を行うため、通勤時間がない点が大きなメリットと言えます。 サラリーマンの通勤時間は、首都圏で往復3時間、その他の都市でも2時間程度が平均で、在宅ワークではこの無駄な時間がなく、その分自由に利用できる時間が増え、ライフワークバランスの充実が図れます。 また副業においても、本業から帰宅した後、またどこかに出向いて仕事をするのではなく、自宅でネット活用を中心に仕事ができるので、同様に余分な時間が発生しない点がメリットと言えます。 次にフリーランスにしろ副業にしろ、会社の仕事の様に組織や時間に縛られる事が少なく、自由に仕事に取り組める点が大きなメリットと言えます。 サラリーマンは組織等に縛られる事で、ストレスが蓄積されやすいものですが、フリーランスとしての在宅ワークでは、こうした事も軽減されます。少々仕事が厳しくても、精神的に自由が持てる事で、ストレスが溜まる事は少ないのです。 副業の場合でも、在宅ワークは時間に縛られる事が少ないため、本業を大切にしながら適度な量の仕事を副業として取り組める点がメリットです。副業でこうした自由度が少ないと、会社等の本業でストレスを受けた上に、さらに副業でも同様のストレスを受けるようでは、精神的に持ちません。 ネットを活用した在宅ワークでは、この様に時間と空間に縛られない点が何よりも大きなメリットと言えるのです。 ネット副業等の在宅ワークは、以上の様なメリットがありますが、デメリットもある点を忘れてはなりません。フリーランス等ではON-OFFのけじめが付けにくかったり、特別なスキルがなくても比較的取り組みやすいネット活用の在宅ワークの場合には、時間給換算では単価が安いと言うのが一般的です。 従って、副業の場合には問題はありませんが、在宅ワークのメリットが大きいからと言って安易にフリーランスに転進すると後悔する事も考えられます。脱サラしてフリーランスとして在宅ワークに取り組まれる際には、色々な角度から十分に検討する事が大切です。